たこ吉の『普通のサラリーマンが30代で資産1億円を目指すブログ』

30代のフツーのサラリーマン。年収350万円からスタートして、資産1,500万円まで増やすことに成功。徹底的な家計の管理と資産運用で資産を増やし中です。

【2017年7月】WealthNaviとTHEOの資産評価額を公開する

f:id:simple-money:20170820162133j:plain


<人気記事>
資産運用の方針を見直してみた 

 

 

こんにちは、たこ吉です。

今日は、人気ロボアドバイザーであるWealthNaviとTHEOの資産評価額を公開します。

 

初心者が気軽に始められるロボアドバイザーによる投資信託

私は、ロボアドバイザーによる投資信託もやっています。

 証券会社が販売している投資信託の商品と同じく、少額からでも投資積立ができて、運用利回りも銀行の普通預金よりも高くなる可能性があるということで、6月1日から始めました。投資の初心者には非常に始めやすい資産運用かと思います。

 

通常の投資信託商品とロボアドバイザーの違い

多くの投資信託商品では、銀行や証券会社の資産運用のプロが顧客から預かった資産(お金)を投資運用しています。

 

あくまで「人」が資産の運用をしています。

 

一方で、「人」ではなく、人工知能(AI)」が人に代わって投資運用をする金融商品がロボアドバイザーです。

 

有名なところでは、「WealthNavi(ウェルスナビ)」と「THEO(テオ)」があります。

 

どちらも最近よく聞く「FinTech」と呼ばれる分野のサービスです。

 

※FinTechとは、『FinTech = Finance(金融)× Technology(技術)』ということで、金融とITを掛けあわせた領域のことです。

 

私は、このFinTechやAIに夢を持っており、可能性に賭けています。

 

そんな想いもあり、ウェルスナビとテオの両方で投資をしています。

 

WealthNaviとTHEOの実際の資産評価額はどれくらい?!

さて、2017年6月1日からスタートしたロボアドバイザーによる投資信託

人間よりもはるかに賢いと思われる人工知能が、膨大な量の情報を元に資産運用をしているわけですから、たとえ2か月間といえども高い運用利回りを期待してしまいます。

 

では、実際はどれくらいだったのでしょうか?!

 

WealthNaviの資産評価額 

まずは、WealthNavi。

 

f:id:simple-money:20170725232513p:plain

 

2か月間で350,000円を投資して、358,222円。

+2.38%の運用でした。

 

 

THEOの資産評価額

次に、THEO。

f:id:simple-money:20170725232657p:plain

 

こちらも同じく2か月間で130,000円を投資して、131,083円。

+0.83%の運用でした。

 

どちらも1%の手数料がとられます

 

 

ちょっと期待よりも低い値ですが(期待しすぎた?!笑)、

どちらも長期的な運用を考えているため、これからの運用に大いに期待したいです。

 

これから毎月末に運用実績を公開していこうと思います。

 

目標の運用利回り7%は、やはり高い壁ですね。

 

広告を非表示にする